学校行事

意欲的に取り組む

 小学校では三大行事といわれる運動会、学習発表会、卒業式をはじめ学年や季節に応じた様々な学校行事が実施されます。目標を立てて、しっかり準備し、思い出にのこる取り組みを是非ご覧ください。


 新一年生を迎えました。はじめての給食も楽しみにしているようです。今後は授業や春の遠足、運動会等の行事に向けて元気に学習してくれるものと思います。


 全校児童が赤組、白組に分かれ、個人競技と団体競技で競います。玉入れ、大玉ころがし、リレー等、大変白熱した競技を行います。今年は、表現運動では、リズム表現やよさこいを披露しました。


 例年、6年生が札幌へ修学旅行に行きました。藻岩山ロープウェイ、札幌ウィンタースタジアム、札幌青少年科学館の見学、自主研修があり、二日間の日程を実施します。


 1年生歌・器楽、2年劇、3年歌・器楽、4年劇、5年歌・器楽、6年劇、みどり学級劇を行います。


 各学級で4年生から6年生までの児童が、それぞれゲームを考案し、低学年の子ども達をもてなす等の行事が行われました。お化け屋敷やスリッパ飛ばし、釣りゲーム、ボーリング等を協力し合って、楽しく笑いが絶えない時間を例年過ごしています。


 一人ひとりが担任から呼ばれ、証書を受け取ります。在校生から卒業生への呼びかけ・卒業生から在校生や保護者の方への呼びかけは、感謝の気持ちを込めた言葉です。卒業生が式場を退場するときには、全校生が「さくら~独唱~」の歌声で送ります。

絆を育む事業

事業名 「絵手紙教室」


事業目的・概要
 「絵手紙」といった文化について地域の講師から指導を受け、芸術教育に親しみ学びを深めることが、本事業の目的である。


 学習指導要領に基づき、本校でも教育課程の様々な分野で、日本の伝統や文化に関する学習の充実を図っている。本事業では、その充実を図るため地域から講師を招き、直接指導や鑑賞を等して、児童がより深く・より身近に学ぶ機会とする。


事業の必要性・目標(成果)
 講師から児童が絵手紙作成の指導を受ける機会を得た。児童の事後の感想から「難しそうだと思っていたけれど、やってみると割と楽しくできた。」「先生に丁寧に教えてもらったので、わかりやすかった。」「またやってみたい。」といった肯定的な感想が多く挙げられていた。貴重な機会を得て、児童には大きな刺激となって印象に残っている。


 今年度、地域の講師から学んでいく活動を発展させたい。また、その学びの深まりの中で、地域の講師とのコミュニケーションを通し、真摯に学ぶ姿勢や尊敬の念や地域に対する親愛の情を育んでいくことが、個々の児童にかけがえのない経験になると考える。


事業計画
 日本の伝統文化の中で、今年度は「絵手紙」について学習する。


 事後のまとめや感想の記述・交流を行って定着を図るとともに、講師への礼状作成を通して、コミュニケーション能力や表現力を育んでいく。

事業報告
 ○「絵手紙」体験(10月1.2日) 4年・5年・6年

1学期行事

・入学式 ・避難訓練 ・交通安全教室
・遠 足 ・夏祭り ・全校参観日 ・全校集団下校 ・家庭訪問 ・運動会


2学期行事

・修学旅行 ・宿泊学習 ・避難訓練 ・学習発表会 ・街頭安全指導 ・クリスマス会


3学期行事

・新一年1日入学 ・合同スキー学習 ・6年生を送る会 ・卒業証書授与式